月別アーカイブ: 2019年9月

援交デリバリー

 独身、30歳のリーマンです。
某所で援交デリバリーに会いにいったら、3Pができちゃった!って、記事を読みました。
また釣りかよ、なんて冷めた目を持ちながらも、心のどこかでそれが本当だったら、ガチ面白いことになるなと、考えてしまっている自分。
某所の記事には、某無料掲示板を利用したって書かれていました。
そこで、釣り覚悟で掲示板をのぞいてみたところ、確かにそれらしきメッセージが。
それ女の子が2人で投稿しているものでした。
「私たちと3人で、とってもエッチのプレイを楽しみませんか?2人ともEカップだよ♪2人で、フェラのご奉仕しちゃうかもよ」
分かってるんですよ、釣りだっていうことは。
援交デリバリーだってことも、十分承知しているんです。
だけど、だけどですね、彼女もいないから不満が強烈。
風俗にもデカケない俺にとって、たとえ相手が援交デリバリーだって、構わないんじゃね?
いつの間にか、こんな脳内変換をしてしまっていました。
そこでメッセージを送ってみたところ、アポしてくれることに。
支払いは、ちょっと高い2万5,000円。
まぁ相手が2人だから、これは仕方ないのかもしれませんね。

 援交デリバリーってさ、ブサイクな年増がやってくるって、相場があるじゃないですか。
待ち合わせ場所にいたのは、若そうな女の子2人組み。
1人はショートカット。
1人はセミロング。
2人とも顔を悪くない。
LINEでエロい話をする
にっこり笑って「お待ちしてました、今日はよろしく」と、元気よく挨拶してくるのだから驚きました。
あれ?業者じゃないの?
ちょっとうたぐり始めてしまいました。
「それじゃ、ホテルはあっち側ですから」
これまた明るい表情で入りだしたのですが、かなり慣れている様子を見ると、ヤッパリ業者かな?

 慣れすぎちゃっていると言うか、ホテルに入れば直ぐ裸を見せてくれたりして。
とりあえず3人でお風呂に入ることに成功。
お風呂を出たら、ダブルフェラしてくれて、ぶっちゃけ至福の時間をすごせちゃって。
ずっと前からやりたかった、親子丼。
あれにも挑戦させてもらいました。

 行為が終わると、そそくさと帰り支度。
これ見て、ヤッパリ援交デリバリーの一種なんだなと、納得した気分。
それでも、結構派手にセックスができたから、全く問題はありませんでした。
援交デリバリー
プチ援

車内フェラ

 出会い系で知り合った、プチ援の女子大生なのですが、そのあまりの魅力に本番をお願いしてしまいました。
車内フェラだけのつもりだったのですが、車内ファックまでさせてもらえたのです。

 36歳、既婚の会社員です。
家庭でのセックスは皆無。
妻も自分も、お互いを空気のような存在にしか感じなくなっていって、異性としての魅力を覚えることが無くなってしまっていました。
家庭の中でセックスしなくなったって、性欲の方はガッツリある。
しかし、モテ男じゃないから、気軽に女の子とタダマンセックスができない。
こんな自分がとった方法が、プチ援の女の子との車内フェラでした。
援交だとかなりお金が必要になるけれど、車内フェラだと5000円程度で済みます。
懐にも優しく、気軽に快楽を得られるため、出会い系でプチ希望の女の子を探しまくっています。
フェラ抜き

 20歳の女子大生なのですが、信じられないほど魅力的だったのには驚きました。
お嬢様風でもあるし、顔立ちは整っているし、10代の頃の三吉彩花ちゃんみたいなのですから。
こんなルックスで、プチしちゃうの?とひたすら驚きを感じた相手でした。
車に乗せて、人目の届かないところまで移動。
彼女の付けている香水の香りが鼻腔をくすぐりました。
サラサラの黒い髪。
大きな瞳。
愛らしい唇。
何処をどうとっても、素晴らしいという言葉以外は出なかったのです。

 可憐な女子大生に車内フェラでしゃぶりまくってもらったことで、興奮が強烈になっちゃって、どうしても本番したい気持ちに。
「挿入ダメ?」
「ダメ、フェラだけ」
「あと5000円出すから、ちょっとだけ挿れさせてよ」
「ええ・・」
「お願い、1万円出すからちょっとだけ」
お願いを続けた結果、車内フェラではなく、車内ファックになりました!
頼んでみるものですよね!
後部座席で、対面座位での挿入。
車がガンガン揺れていたから、誰かに見られちゃった可能性もあるけれど、ガチ良かったです。
ネットカフェでナンパ
神待ちサイト