月別アーカイブ: 2019年3月

チャットオナニー

僕と彼女の出会いは、ライブチャットだった。彼女がチャットレディで、僕が客だった。
そんなに飛びぬけて可愛いわけではなかったが、優しい性格と礼儀の正しさに惹かれて僕は即座にリピーターとなった。
ちなみに、そのライブチャットはエロ目的がメインだった。僕も、何人かの女性のチャットオナニーをズリネタにさせてもらったことがある。
ただし、彼女のチャットオナニーは見たことがなかった。というか、僕が要求しなかったのだ。
別に彼女はエロチャットを拒否していたわけではない。ツーショットになった時、請われれば見せていたという話だ。
だけど、僕の本能は彼女にエロを求めていなかった。言い換えるならば、こんな子にエロをさせてはいけないと思ったのだ。
後から聞くと、彼女にとっても僕は不思議な存在だったらしい。
マルチでは紳士的でも、ツーショットになると一変して過激な要求をしてくるような男も少なくなかった中、チャットオナニーなどのエロを全く要求せず、まったりとトークを楽しんでくれる僕と言う存在は、彼女にとって癒しだったと言う事だ。
確かに、ツーショットで「美味しい出汁巻き卵の作り方」をチャットレディと論じ合うなんて僕くらいのものだろう。
DXLIVEでオナ見するだけでなく相互オナニーを体験する
ただ、僕はそれが楽しかった。彼女がマルチで見せていた優しさを僕が独占しているというだけで、僕の支配欲は満たされていたのだ。
やがて、お互いに住んでいる地域が近いことが分かった。リアルで会うことを誘ったのは僕の方だ。
生で見る彼女は映像で見ていたよりも可愛かった。リアルでしか感じられない漂う香りや息遣いは、僕にとって理想だったのだ。
それから、何度かデートを重ねた後、僕の方から愛を告白した。そして、彼女も快く受け入れてくれた。僕との交際を機に、彼女はチャットレディを卒業して、僕は文字通り、彼女を独占することに成功したのだ。
ただし、未だに肉体関係はない。幾度となくそんな雰囲気になったこともあるが、どこかでブレーキをかける自分がいるのだ。
彼女のチャットオナニーを見てはいけないと告げてきた本能が、未だに僕に残っている。当時、彼女のチャットオナニー見たさに群がっていた凡百の男たちと一線を画することによって、僕は彼女と言う恋人をゲットできた。だからこそ、彼女と肉体関係を結ぶことが凡百の波に飲まれてしまいそうで躊躇してしまっているのだ。
まあ、いずれ、それは時が解決してくれるだろうと思い、僕は初めて彼女の小さな肩を抱いた。
テレセ
オナ電